れみブログ

新米主婦が日常・トレンド・お得情報を発信するサイト

スポンサーリンク

親知らずの抜歯|入院体験談4泊5日2日目手術当日

こんにちは(*^_^*)

入院2日目はいよいよ手術日です

数年に渡って逃げてきた抜歯!

ついに親知らず4本がなくなります。

 

午前中の過ごし方

起床は6:00看護師さんが部屋の

電気をつけに来ます。その後

検温、血圧測定がありました。

普段より早めの起床なので

寝ぼけながら受けていました。

 

禁食なので朝食は無しです。

 

予定としては11:00に禁水

その後 On callで手術室に呼ばれます。

 

On callというのは、前に1件手術が入って

居たので終わり次第ということらしくて

大体13時頃かな?と言われてはいましたが

ちゃんとした時間が分からなかったのでドキドキでした。

 

いよいよ手術開始・・・!

実際に呼ばれたのは13:30でした!

13:35に部屋を出発して

13:40に手術室入室です。

看護師さんと向かうのですが

エレベーターで移動しているときが

一番嫌で今すぐ家に帰りたいという

気持ちでいっぱいになっていました。

 

看護師さんも先生も「全身麻酔はすっと

寝てしまって起きたら手術終わってるから

大丈夫だよ(^^)」と言ってくれましたが

経験が無かったので親知らずを抜いた友人の

体験談を思い返しながら手術室へ入りました。

 

手術室に入ってからは一瞬です。

点滴を付けられてマスクを付けられて

「深呼吸してくださいね~」までは

覚えていますがその後すぐに麻酔が効いて

起こされた時は手術が終わった後でした。

 

手術後の出来事

寝起きに似たような感覚で意識が朦朧と

しながらまた眠ってしまいました。

ちゃんと目が覚めた時には部屋に戻ってきていた

のですが喉がめちゃくちゃ痛い!!!声が出ない…

管を通されていたので傷付いているみたいです。

そこで1つ下半身に違和感が(+_+)

見てみるとカテーテル挿されてるーーーー

 

全身麻酔で親知らずを抜いた友人に聞いていた話では

「俺は手術の時間がそんな長く無かったから

カテーテルは付けられてないよ。大学病院だったから

学生がずらっと並んで見てたけど!笑」

また、手術経験者の夫からは「カテーテル

本当に苦痛でしかないから気を付けてね。

手術をもう一回するよりもカテーテル

付ける方が何倍も嫌だ」と言っていて

カテーテルというものに物凄い恐怖感を植え付けられて

手術に挑んだのでカテーテルが挿されていることに

気が付いてかなりショックを受けました。

 

病院では事前にカテーテルの話は一切出てきて

居なかったので親知らずを抜歯した友人の話から

私も親知らずの抜歯だし大丈夫だ♪と思い込んでいました。

ちなみに手術室に学生は居ませんでした。

 

一通りショックを受けた後にいったい今何時なんだろう?

と気になったのですが身体が重くてなかなか動けず

その間口から血が出続けていて唾液を飲むことも

出来なかったので口からホースを使って吸引していました。

 

しばらくして身体が動かせるようになって

金庫に入れていたスマホをGET!

その時17:10でした。ということは

16時には部屋に戻ってきたかな?

意識があるのに何もできない時間は

とても退屈だなと思いました。

恐れていたカテーテルを外す

喉は痛かったけれど、身体はみるみるうちに復活!

その後看護師さんが2回見に来てくれて

「よし、ではトイレに行ってみようか」とカテーテル

取られてトイレに行きました。

傷みをかなりかなり恐れていましたが

あれ?痛くない!!男性と女性の違いなのか!?

やったーー!!とトイレの個室でこっそり喜びました。

 

出血&腫れを確認

その間に18:00を過ぎていたみたいで

看護師さんがお部屋まで夕食を運んでくれました。

ここからは【五分菜きざみ】で入院患者といった

感じの細かく刻まれたご飯です。

まだ血が出てくるし怖いしあんまり食べられないな

と思いきや昨夜21:00ぶりのご飯なので意外と

食べれてしまいました。でもしっかりと噛むのは怖いので

前歯で離乳食を食べる赤ちゃんみたいな気持ちで

40%くらい食べました。

まだ麻酔がちゃんと切れていないのか歯よりも

喉の傷みが勝っています。

 

この日は仕事終わりに夫がお見舞いという名の

腫れた顔を見に来ました。

面会時間は19:00までなのですが、

大学病院はとても広いので建物が沢山あって

入口が分かりずらく迷子になったみたいで

到着したのは18:55!

看護師さんもせっかく来てくれたんだから

もう少し居てもらっても大丈夫ですよと

優しかったです。

30分くらい居てもらって帰った後は

麻酔科の先生と看護師さんが何回か来ました。

まだ付けられていた点滴は抗菌剤だそうです。

 

夜の検温で熱は37.3

喉も痛いし微熱の風邪みたいな感覚でした。

20:00にカロナールという鎮痛剤を

飲ませてもらい21:00に点滴を外して消灯。

 

雷すごくてなかなか寝付けず

1:00、3:00、4:00、5:30と目が覚めました。

麻酔で眠ってその後動いてないから

疲れもなくて眠れないのもあると思います。

 

左は上下生えていたので抜いて

右は埋まっている親知らずを

歯茎を切って抜いたので右の方が

腫れていました。寝返りすると顔痛いです。

 

3日目からはとても暇な日々です!

 

 

スポンサーリンク